セックス中のカップル

男性にとって『早漏』は治さないといけないものではありません。
射精することが困難なわけでもありませんし、セックス自体ができないわけではないのです。
しかし、対峙している女性からするとどうでしょうか。
満足できないセックスに嫌悪感が増し、男性自身のことを嫌になってしまうかもしれません。
その為、男性自身の為に改善をするのではなく、その相手の為に改善をすることが第一前提となります。
早漏といっても原因は人それぞれです。
その為、改善方法も人によって異なっていると言えるでしょう。
今回は早漏の原因について触れていきましょう。
自分がどのタイプに当てはまるのかを知ることが早漏改善のスタートラインですので、チェックしてみましょう。

どうして早漏になったの?早漏の原因

そもそも早漏とはどんな基準で判断されるのでしょうか。
これには定義があるわけではなく、あくまでも目安と言われているのですが、膣挿入から3分程度で射精をしてしまう場合を指すようです。
早漏になる理由を考える男性この間にピストン運動をしているかどうかはあまり重要ではないようです。
自分の感覚と射精感のズレを感じてしまったり、射精コントロールができない場合には早漏と言えるでしょう。

早漏の原因として考えられることを挙げていきましょう。

刺激になれていない

日本人の男性は包茎が多いと言われています。
包茎は3種類に分かれており、日本人に多いのが仮性包茎
包茎とは陰茎部が包皮でつつまれている状態であり、勃起時にどのような状態になるかで区別されています。
真性包茎とは、平常時も勃起時も包皮がむけることなくそのままの状態のことを指し、カントン包茎は勃起時に亀頭部分が露出するものの包皮が完全にむけていない状態でうっ血してしまうものを指しています。
真性包茎とカントン包茎の場合はセックス自体も困難になる為、手術をすることがベストと言われているのです。

日本人に多い仮性包茎は、平常時は包皮に包まれているものの、勃起時には完全に包皮がむける為、セックスは問題なくできます。
早漏の男性の多くがこの仮性包茎であると言われているように、平常時が包皮に包まれている為、刺激になれていないのです。
欧米の方は常に陰茎部が露出している為、刺激になれていると言われています。
刺激になれていない以上、些細なことですら心地よく感じてしまうのです。
これが早漏の1つの原因と言われています。

セックスに対して未熟

若い男性に多いのがセックスに対して未熟だったり、経験が少ないことによってちょっとした刺激ですら興奮を抑えることができないのです。
膣内に挿入する前の段階で射精をしてしまうことも珍しくありません。
これは経験不足によるものが原因の為、経験を積んでいくことで改善していくことができます。
また、対峙した女性に対してうまくできなかった時など、自分が早漏ではないかと悩みより悪化させてしまうことがあるでしょう。

間違った自慰行為

男性にとって自慰は必要不可欠な行為ではあるのですが、間違った方法で行っているといざセックスをしようとした時に困ることになるかもしれません。
自慰は自分の好きなタイミングで射精をすることができますが、セックスは相手がいるものですから自分の勝手で行うことはできません。
しかし、自慰に慣れている男性にとっては、自分の好きなタイミングで射精しても問題ないと自分勝手なセックスを行ってしまう人もいるのです。
自分のタイミングで射精できるということは、相手にとって早いと感じる可能性を秘めていますので、自覚症状がないまま早漏とレッテルを貼られてしまうかもしれません。

加齢によるもの

射精管閉鎖筋といった筋肉が弱まることで、自分の意思に反して射精してしまうことがあります。
加齢による筋力の衰えが原因となっていますので、筋肉トレーニングをすることで改善することが期待できるでしょう。

早漏と言われたり言われなかったりする人

早漏と自覚がある男性は少ないと言われていますがその理由はなぜかわかりますか。
それは、早漏だと女性に直接言われたか言われていないかの違いなのです。
特に10代の頃には経験が浅いこともあり、早漏な男性が多いのですが、相手をする女性も経験が浅い為に指摘されることが少ないと言えます。
しかし、30代以降になってくると、女性側も性的なことについて言及する機会が増えてくるのです。
そうなれば、早漏だと指摘されることも増えていくでしょう。

また、膣内の挿入時間を時計で計っているわけではありませんので、実際の数値としてどのくらいなのかを明言することはできませんが、女性によってその希望している挿入時間は異なるようです。
一般的には10分~15分程度が理想的な挿入時間と言われていますが、これも相手の女性によっては短いと感じるでしょうし、長いと感じる人もいるのです。
その為、誰もがその相手にとって早漏というわけではありません。

ただし、相手となる女性が挿入時間が短いと感じているのであれば、早漏と考えて良いのかもしれません。
これは相手によりけりの部分が大きい為、女性が変わればその感覚も変わるようです。
しかし、一般的な10分~15分程度の挿入時間は目安になりますので、ここから大きく離れた挿入時間であれば改善していく必要があります。

そもそも男女の考え方は異なる

男性は膣内の挿入がセックスで重要だと考えている人が多いのですが、女性はその逆で挿入はあくまでもついでと考えている人が多いのです。
もちろんすべての女性がそうであるとは言えませんが、前戯に時間を掛けてくれる方が愛されていると実感すると答えている女性も多い為、挿入時間を重要視していないことも考えなくてはなりません。
挿入時間ばかりを意識するのではなく、女性をしっかり愛してあげることを意識することがセックスをする上で大切なことと言えるでしょう。

また、女性から早漏だと指摘されると自信を無くしてしまう男性も多いのですが、健康状態や精神状態によって左右されることもありますので、毎回指摘されるのであれば改善をしていく必要があるでしょう。
ただし、精神的に追いつめられてしまっているとセックスをしたくないと考えるようになってしまうので、女性側も伝え方には気をつけなければいけません。
無神経に感情のまま伝えてしまうことで、男性がセックスに対して嫌悪感を持ってしまったり、したくないと拒否するようになってはそれこそ大問題です。

そのような状況にならない為にも、女性は男性を傷つけない言い方を考えておく必要があります。
またパートナーと改善していく方法もありますので、指摘されたからと言って悲しむだけではなく一緒に治していくことでより関係性が深まるでしょう。
精神的な部分がとても重要であるからこそ、どんな自分も受け入れてくれるパートナーとセックスをすることが大切です。

10代の頃は酷かった早漏が治った人もいる

セックスの経験が未熟だった10代の頃は、刺激にも慣れていない上に精神的にも幼い為、自分よがりなセックスを行ってしまったり、愛撫もそこそこに膣内に挿入して女性を無視して射精してしまうという人が多いようです。
しかし、年齢を重ねると同時にセックスに対しての経験値も上がることで、射精コントロールができるようになったり、挿入以外の方法で女性を悦ばせることができるようになると、精神的な余裕が生まれてきます。

早漏が改善され自信をつける男性10代の頃には早漏だった男性でも、年齢を重ねて30代ぐらいになると早漏が改善される傾向があります。
これはすべての男性に当てはまることではありませんが、30代になると結婚している人も増えますし、結婚していなくても定期的にセックスをするパートナーが存在している人も増えてきます。
定期的なセックスをすることで刺激になれ、感度を鈍らせてくれるので挿入時間が延びる傾向があるようです。

また10代の頃は性欲旺盛な時期ですが、30代に入ると性欲自体も衰えてくる為、興奮度合いが異なることも考えられるのです。
ちょっとのことで興奮できていた10代に比べると30代はその点でも違ってきます。
興奮度合いが高ければ高いほど射精をコントロールしにくくなりますが、興奮度合いが低いのであれば持続させることができるのです。
むしろ、早漏だった人でも30代になった頃から遅漏気味になってしまうなんてことも珍しくありません。

遅漏は女性にとって負担になることも

早漏は女性を満足させられないことがデメリットでしたが、遅漏もまた女性に負担をかけてしまうものですので、問題となってくるでしょう。
長い時間の挿入は女性の膣内に負担が大きい為、苦痛を伴うことも多いのです。
その点で言えば早漏の方が女性から好まれる傾向があります。
10代~20代の頃は早漏だった男性でも経験値を積むことで射精コントロールができるようになりますし、体力面でも年齢が上がれば衰えてきますので勢いも若い頃に比べてなくなるでしょう。

社会人として社会で働き、ストレスを感じることも増えますし、精神的な面での成長はセックスに対しての向き合い方も変えていきます。
10代の頃は毎日できていたセックスも30代を過ぎると毎日することが困難になってきますし、個人差はありますが1度のセックスを大切に取り組むようになります。
自分勝手で未熟なセックスをしてきた男性であったとしても、パートナーによってはそれが難しくなることもあるでしょうし、女性を悦ばせることに喜びを感じるようになるかもしれません。

若い頃にはなかった感覚が年齢を重ねれば出てくること、さらには体力面の衰えによって早漏が自然と改善されるという男性もいるのです。
すべての男性が年齢を重ねれば早漏が改善されるかと言えばそうとは言えません。
ただし、個人差はありますが、年齢によって改善される可能性もあることを頭に入れ、焦らないことが大切です。