早漏を克服するのにお金はかかるのか

早漏、つまり女性とセックスしていてすぐに射精してしまう事で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
世界的に見ても日本人男性は早漏の人が多いといわれています。

そんな早漏を改善する方法には色々とあります。
中にはお金をかけて早漏を改善させる方法もありますが、お金がかからない方法も存在するので、まずは自分で実践できるお金がかからない方法で自分の早漏を克服できないか試してみると良いでしょう。
お金がかからない克服する方法はすぐに実践できるのも大きなメリットです。

早漏を克服するお金のかからない方法の一つ、それはセックス時の意識改革です。
といっても決して難しいことではなくて、ただ挿入してからすぐに腰を動かさないようにすれば良いだけの事です。
挿入直後は心境的にとても興奮している状態ですし、ペニス自体も女性器の間隔に慣れていません。
そんな状態でいきなり激しく腰を振ると早漏気味の人はすぐに射精感が増してしまいます。

実は女性側も挿入後すぐに動くことを望んでいないので、挿入してから5分から10分はむしろ動かない方が良いのです。
では何をするのかというと、抱き合ったりキスをしたり、言葉を交わしたりして心と体がつながったことを二人で喜ぶようにしましょう。
これだけで5分から10分は持続させられたという自信になります。

それから腰を動かすわけですが、この時も早く動かす必要はなくて、初めはゆっくりと動かしながら、パートナーの反応を見るようにしましょう。
そしてパートナーが最も反応する腰の動かし方や位置を見つけます。
もし良い反応をしたらパートナーにも確認してみましょう。

実は激しく動かすと女性は反射的に声を出しているので声を出していても本当は気持ちよくなかったりすることも多いのです。
ですから女性の満足感を高めてあげるためにもはじめはゆっくりと動いて反応を確かめてから徐々にパートナーが感じるポイントを激しく攻める方がパートナーも満足しますし、男性側も自然な形で絶頂を迎えられます。

お金がかからないオナニーなどでの早漏克服法

先ほどはセックスの行為自体の改革ですが、やっぱりペニス自身も早漏になりにくい、つまりは刺激に強くしておきたいところですよね。
ペニス自身を鍛えて早漏を治すにはオナニー時の工夫が必要です。
オナニーによって早漏を改善する方法にはいくつかありますが、その中の一つにスクイーズ法と呼ばれる方法があります。

スクイーズ法はペニス自身を鍛える方法なので、即効性があるわけではありません。
こつこつと続けることによって徐々に刺激に強いペニスにしていく方法です。

ではスクイーズ法の具体的な方法についてみていくことにしましょう。
まず、一人で、つまりオナニーによるスクイーズ法ですが、まずは普通にオナニーをします、そして射精感が高まってきたら亀頭を圧迫して射精を我慢しましょう。
我慢出来たら、再びペニスを刺激してまた射精感が高まってきたらまた亀頭を圧迫して射精を我慢するのを数回繰り返します。

すると不思議なことに射精するまでの時間が徐々に延びていく上に、慣れてくると亀頭を圧迫しなくても射精をある程度コントロールできるようになります。

パートナーに協力してもらう方法もあります。
やり方としてはオナニーの時は自分で刺激していたのをパートナーに手伝ってもらうだけです。
この方法は自分自身で咄嗟に止められないのがデメリットですが、パートナーに刺激してもらう方がより興奮度が高まるため効果は高いです。
もちろん手だけではなく、オーラルつまり口による刺激を使ってトレーニングしても構いません。

性交を交えたトレーニング方法もあります。
先ほどと同様に口や手で刺激を与え、射精手前で我慢することを何度か繰り返したら、今度は座位か騎乗位になって女性器にこすりつけます。
ここで数回我慢します。
そして挿入しますが、挿入時も数回我慢してから射精するようにしましょう。

関連記事