早漏克服!の前にEDになった…なぜ?

EDになった理由について考える男性早漏は短時間に射精に至ってしまうものです。
早漏といってもその定義は曖昧で、膣内へのペニスの挿入前に射精してしまったり、また挿入後に30秒以内または1分から3分程度射精を抑えることができないといったものから、女性が満足しないままに射精してしまう場合にも早漏と呼ばれます。
早漏は性機能障害のひとつとされますが、膣内への挿入が出来ないものは生殖活動の障害となりますが、単に短い場合にはメンタル面での問題となります。

ただいずれにしても早漏であることは、性生活の問題ともなるため克服をしようという人も多くいます。
早漏の克服するためにはその理由を知る必要があります。
多くのケースとして見られるのが心因性のものです。
そもそも性行為においては女性よりも男性の方が達するのが速いため、それらをコントロールする必要があります。
しかし、女性経験が少ない場合にはこのコントロールに慣れていないため早漏になりやすいとされます。
このためカウンセリングや呼吸法などによって精神を落ち着かせることで射精を抑えることができます。
また過度な性欲は射精をはやめるため性欲を抑えるといったことがポイントになります。
一方で心因性ではなく男性器が刺激されることでも意図せず射精するケースもあります。
この場合には包茎などが考えられますが、このほか病的早漏として慢性尿道炎や前立腺の慢性的な炎症なども原因になります。
病気が原因の場合にはそれらを治療することが優先されます。
またペニスへの刺激を抑えるための薬を使う方法もあります。
薬の場合には内服薬と外用薬があり、内服薬では射精に至る物質の分泌を抑制するものがあり、外用薬ではペニスに塗り鈍感にすることで刺激による早漏を抑制します。

早漏克服の種類はさまざまですが、トレーニングや投薬による方法で注意しなければならないのがEDになるリスクがあるということでEDは勃起不全とも呼ばれるものですが、早漏克服では勃起を維持し射精を抑えるというものですが、薬を使ったりする場合にはEDを併発するリスクがあります。

早漏とEDを一緒に治せる薬

早漏を治療する方法としては心因性による早漏と、器質性による早漏によって、それぞれ治療する方法がありますが、いずれにしても過度なケースを除けばそれほど気にする必要はありません。
返って早漏を気にする余り、勃起そのものが起こらない、または勃起が持続しないEDとなる可能性があります。
理由としては射精感を鎮めようとすることで勃起も鎮まってしまうためです。
このため早漏を克服するためには射精感だけを抑えて勃起を維持するという反することを行わなければいけません。

早漏とEDを一緒に治せるスーパーPフォースという薬があります。
海外で販売されている早漏防止治療薬ですが、個人輸入でも購入することができます。
スーパーPフォースに含まれている有効成分はシルデナフィルとダポキセチンです。
有効成分のシルデナフィルはED治療薬のバイアグラに含まれている成分であり、作用としてはペニスへの血流を阻害する物質の発生を抑えることによりペニスの勃起をしやすくする効果があります。
特徴としてはシルデナフィルは勃起をしやすくさせるため作用をするだけで射精に関してはコントロールされませんが、一度射精しても勃起が継続するのが特徴です。
一方でいずれにしても早く射精してしまうと早漏であることに変わりありません。
このため射精をコントロールする成分としてダポキセチンが含まれています。
ダポキセチンの働きとしては脳内で分泌される射精を促す物質の働きを阻害するというもので、これにより射精を抑える効果があり、射精に至るまでの時間を約3倍程度にのばすことができます。
スーパーPフォースでは、シルデナフィルによって勃起をしやすい状態にし、ダポキセチンによって射精感を抑えることにより早漏を克服することができます。

関連記事